by ERP Global

より多くの記事

EPEAT がヨーロピアン・リサイクリング・プラットフォーム(ERP)のITおよびディスプレイ設備の製品サイクル管理のリサイクル基準を認証しました。

電子製品環境評価ツール(EPEAT)はヨーロピアン・リサイクリング・プラットフォーム(ERP)のITおよびディスプレイ設備の製品サイクル管理に用いるリサイクル基準を認証しました。これは、ヨーロピアン・リサイクリング・プラットフォーム(ERP)が影響力を持つ世界的な評価システムによる認証をお客様に提供できることを意味しています。このシステムは消費者のために設立された製品の環境認証です。

製品のライフサイクル管理はEPEAT認証においてますます重要となっており、 “リサイクル供給業者の審査”も含まれます。ヨーロピアン・リサイクリング・プラットフォーム(ERP) はEU、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイスのリサイクル基準においてEPEAT認証を受けました。さらに、現時点までで、ERPは既に9ヶ国で34社のリサイクル業者のためにEPEAT基準の認証を獲得しています。

“ヨーロピアン・リサイクリング・プラットフォーム(ERP)は欧州15ヶ国において直接運営する唯一のコンプライアンス・チームであり、廃棄電子製品の製品サイクル管理面において長く専門的な知識を持っています。”ERPのCEO兼総裁であるUmberto Raiteriは、“最近EPEATの認証は以前から私たちがカバーしていた廃棄物管理およびコンプライアンスサービスの基準を追加した。私たちは提携している処理およびリサイクルパートナーにも最高の環境基準に達するよう要求しています。また、EPEAT認証が私たちの環境証書を確立したことを非常に嬉しく思っている”と話しました。

ヨーロピアン・リサイクリング・プラットフォーム(ERP)のリサイクル基準はリサイクル業者のWEEE処理、貯蔵、そしてリサイクルに対する最低限の要求を定義しました。ERPは定期的にそのリサイクル業者サプライチェーンに対して厳格な審査を行ない、お客様に提供する全てのサービスがコンプライアンスおよびERP自身の定める高い基準満たしていることを保証します。

ヨーロピアン・リサイクリング・プラットフォーム(ERP)は今、ITおよびディスプレイ設備の製造業者に基準EPEATに認証されたコンプライアンス・ソリューションを提供し、お客様のためにEPEAT登録手順を簡易化することが可能です。ERPはまた、消費者および卸売業者に最もエコな電子および電機設備を簡単に見分けるお手伝いもします。

EPEATについて

EPEAT とは、影響力を持った電子製品環境証書の世界的評価システムです。42ヶ国以上の公共および私的組織がEPEATを統一の調達規範として使用しています。EPEAT認証を得るために、生産業者は設計、生産から製品サイクル管理までの10個の厳格な環境要求に合格する必要があります。